空き部屋対策は必要|airbnbは代行も利用できます|賢い投資の仕方

airbnbは代行も利用できます|賢い投資の仕方

女性

空き部屋対策は必要

女の人

入居者の希望を聞く

賃貸経営を始めたら、空き部屋対策を忘れないようにして、できるだけ自分の経営している物件に空きが出ないようにしましょう。賃貸経営の空き部屋対策で大切なことは、入居している人の声によく耳を傾けることです。最低でも1ヶ月に1回は自分が経営している物件に足を運んで、入居者の声を聴きましょう。修理してほしいと言われたら、即座にそれを実行します。大掛かりな修理だったらまとまった費用が必要になりますが、入居者が喜ぶことは間違いありません。そしてその部屋に長く住んでくれるでしょう。こういった地道な努力が賃貸経営の成功につながります。自分が賃貸経営している物件の清掃も忘れてはいけません。きれいな物件だったら、そこに住む人が快適になります。

管理会社を活用

賃貸経営をしていたら、空き部屋が出ることもありますが、それをすぐに解消することが大切です。サラリーマンや公務員の転勤がある春は空き部屋が出る可能性があることをあらかじめ想定しておくことが望ましいです。空き部屋が出たら、すぐに管理会社に頼んで次の入居者を探してもらいます。インターネットや賃貸情報誌につながりを持った管理会社をあらかじめ見つけておきましょう。特にネットに力を入れているところを見つけるようにしてください。現代は多くの人がインターネットを使って、部屋を探しています。ネットに的確な情報を出せば、空き部屋はすぐに埋まる可能性が高いです。ネットの賃貸情報サイトは一つだけではなく、複数のサイトを使うようにしましょう。