新築物件を使う|airbnbは代行も利用できます|賢い投資の仕方

airbnbは代行も利用できます|賢い投資の仕方

女性

新築物件を使う

マンション

新築物件の良さ

賃貸経営は中古の集合住宅を購入して始めるのが一般的ですが、それ以外の方法もあります。自分で新築の物件を建てて、その物件の入居者を募集して家賃収入を得るようにします。この賃貸経営にはコストがかかりますが、新築の物件だったら自分の思うように建てられるメリットがあります。内装や外観に気を配って、たくさんの人を惹きつける物件を建てることができたら、収益が上がります。中古の物件を使う賃貸経営の場合はコストは小さいことが多いのですが、建物が老朽化していたら修理する必要が出てくることがあります。また賃貸経営を続けているうちに、物件が傷んで修理をしなければならないこともあるでしょう。新築の物件だったら、しばらくの間修理の必要はなくて、長い間賃貸経営を続けられます。

業者を選ぶ

新築物件で賃貸経営をするときは、それを建ててくれる業者を選ばなければなりません。ハウスメーカーと工務店の二つの業者を比較して、自分にとってメリットの大きい方を選びましょう。ハウスメーカーは賃貸経営のノウハウを持っているので、それを教えてもらうことができます。ただし物件を建てるコストは高いことが多いです。工務店はハウスメーカーに比べてコストが低いのが魅力です。しかし、賃貸経営のノウハウはあまり持っていません。ハウスメーカーのような独自のプランがないので、比較的自由に物件を建てられます。また地域に密着した業者が多いので、長い間付き合ってもらえます。例えば、その物件が傷んだ時に修理をしてもらうことが可能です。